< きりんカイロからお伝えするカイロプラクティック >


創始者D.D palmer
創始者D.D palmer

最近ではあちこちで目にするようになりました

「カイロプラクティック」ですが、 改めてきりんカイロとしても

簡単ではありますが、カイロプラクティックを紹介します。

 

カイロプラクティックはアメリカ生まれの医療です。

 

1895年に初めて脊椎にアジャストメントが行われ、

最初は難聴の方が改善しました。

決して今日でいう、「腰痛」などを最初に

治療したわけではありません。

 

カイロプラクティックの施術はシンプルです。

サブラクセーションと呼ばれる神経機能のトラブルをアジャストメントによって調整し、

脳から全身に神経を通じて伝達される自然治癒力を正常にすることです。

 

自然治癒力に対する畏敬とその可能性を探求することにカイロプラクティックの

哲学があり、サブラクセーションという原因の究明に、カイロプラクティックの

科学的な歴史があり、 そのサブラクセーションを取り除く技術に、

カイロプラクティックの芸術ともいわれるテクニックがあります。

この「哲学・科学・芸術」の三位一体がカイロプラクティックの本来の姿であり、

どれが欠けても不完全な施術になってしまいます。これらの原理原則を正しく

行われてこそカイロプラクティックが皆様の健康に寄与できる訳なのです。

「ボキボキする」といった施術行為だけに目がいきがちですが、

その行為を行う前の哲学と科学的な根拠が何よりもカイロプラクティックの

アイデンティティだと考えます。

 

アジャストメントを行う前段階で、サブラクセーションとは何か?その場所は?

どのような状態か?など深く分析され、その中で症状とのマネジメントが行われ、

アジャストメントの必要性を確認し、そこで初めてアジャストメントが

行われます。

その施術行為は時間を必要としない場合がありますが、

前段階での深い熟考と判断、治癒過程への確信にカイロプラクティックの本当の奥深さがあります。

 

本来ご自身が持つ自然治癒力を正常にすることが目的ですから、どの病気を術者が良くするという考えはありません。あなた自身で治癒できる環境に整えることが

最も重要なことです。

 

残念ながら、自然治癒力が低下している状態は気付くことはあっても

目に見えるものではありません。

そんな状態を招いているサブラクセーションを客観的に判断し、問題を取り除く

ことができるのはカイロプラクターしかいません。

 

現在の医療とは全くことなる、対症療法ではない、ご自身で治癒する根治療法を目的とした、最も自然な療法=カイロプラクティックをぜひ皆様の健康維持と予防にお役立てください。